住環境測定

なぜ住まいの測定をする必要があるの?


新築や増・改築(リフォーム)の時に新しい木材や合板などに接着剤や化学物質が含まれており、それが室内にあふれ出てくると、その影響で、目がちかちかしたり、のどに異変があったり、頭痛や皮膚炎など、何故だか分からない症状が出てくることがあります。
家にいると落ち着かない、くつろげないなどありましたら、シックハウス症候群の可能性があります、迷わず室内空気の測定を住環境測定士に頼みましょう!

シックハウスとは

シックハウス症候群とは建材に使われる接着剤やワックス、壁紙、塗料などから発生する揮発性科学物質(VOC)により身体に影響があらわれる症状です。
主な原因にホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・パラジクロロベンゼン・ダニ・カビなどがあげられます。皆さんの中にも家にいると目がちかちかする・頭痛・喉の痛み・鼻炎・嘔吐・呼吸器障害・めまい・皮膚炎など何故だかわからないという症状はありませんか、もしあればシックハウス症候群の可能性もあります。

住環境測定士とは

住環境測定試験に合格し、住環境に関する研究・調査・測定を通してそこに住まう人々に住環境の告知・改善・提案することにより住環境による被害者を無くす事を目的とする専門家です。
新築・リフォーム後は、必ず住環境測定士に空気汚染の測定をしてもらいましょう。

室内空気測定方法の種類

  • 簡易法
     簡易測定器(検知管等)による測定
     安価、短時間で結果がわかる、精度は低い
  • パッシブ法
     パッシブサンプラーによる測定、測定は容易
     比較的安価、分析に時間がかかる、精度は比較的高い
  • アクティブ法(公定法)
     アクティブサンプラーによる測定、測定にはポンプが必要
     高価、分析に時間がかかる、精度は高い