パッシブ測定

パッシブ測定は、バッチ型やチューブ型の採取機器を使用します。測定にかかる時間は長くなりますが、特別な装置や方法を必要としないなど、手軽に採取が行われるだけでなく、分析を専門機関で行うため正確な測定結果を得ることができます。

測定機械

パッシブ測定に使う測定器はバッジ型のものを使用しています。左図の測定バッジを部屋の中央に吊るして測定します。 また、このバッジを測定者の胸などに取り付けることで個人個人の生活状態における1日の被曝量を測定することができます。

測定方法

パッシブ測定は以下の方法で行います。

  1. 窓と扉を開き、強制換気をします。
  2. 測定まで5時間締め切ります。
  3. 部屋の中央に吊るし、採取します。